ポケモンゴー24時

【ポケモンGO】※悲報※ナイアンティック、ついにオランダ当局から提訴されるwwwww

2016.10.04 09:00

ポケモンGO

ポケモンGOの開発元・Nianticがオランダ当局から提訴される

世界中で大ヒットとなったスマートフォン向けゲームの「ポケモンGO(Pokemon GO)」はもちろんオランダでも大人気。日本と同じように、「人気の高いポケモンが特定の地域に登場して人が殺到する」という事態も発生していて、近隣住民とのトラブルもあり、とうとう開発元のNianticが当局に提訴されました。

Pokémon Go maker taken to court over players on beaches | Technology | The Guardian
https://www.theguardian.com/technology/2016/sep/29/niantic-labs-dutch-pokemon-go

オランダでポケモンGOの配信が始まって以来、デン・ハーグの南にあるカイクダイン海岸では人気の高いポケモンが多数出現するということで、毎日何千何百というポケモンGOプレイヤーが集まっていました。大勢のポケモンGOプレイヤーが海岸を歩き回っており、海岸はオランダにおける「ポケモンキャピタル」と呼ばれる有名スポットになっているそうです。しかし、カイクダイン海岸には自然保護区域に指定される砂丘が存在しており、オランダ当局はこの砂丘に何かしらの影響が及ぶことを危惧していました。

デン・ハーグのカイクダイン海岸はここ。

キャプチャ

オランダ人ポケモンGOプレイヤーの中には「カイクダインはポケモンするのに最高な場所さ!」というコメントと共に、カイクダインに出現するポケモンの多さ示すスクリーンショットを公開している人もいます。たしかにサーチアプリで見ると、カイクダインでは大量のポケモンが出現するようです。

そしてカイクダイン海岸に集まるポケモンGOプレイヤーの様子を収めた写真がこれ。数百人規模の集団が海岸を訪れていることがわかります。

オランダ当局によると、8月中旬からポケモンGOの開発元であるNianticにコンタクトを試みていたそうですが、結局接触は失敗に終わり、Nianticを提訴することに決まったようです。オランダ当局は「他の選択肢がなかった」とコメントしています。なお、今回の事案はデン・ハーグ裁判所で10月11日に審理される予定です。

オランダ当局は「カイクダイン海岸はポケモントレーナーにとって魅力的な場所のままですが、この地域の居住者との間でいくつかのトラブルが報告されており、保護区域への影響も問題視されています」とコメント。さらに、「保護区域内でのバーチャル動物(ポケモンGO)の全面禁止と、路上での午後11時から午前7時までの禁止を要求する」という声明も発表しています。

By Franklin Heijnen

「ポケットモンスター」のライセンスを管理する株式会社ポケモンは、「8月にNianticは『このエリアをゲームから除外して欲しい』というようなリクエストを全て照合し、新しいポケストップを追加した」と述べました。このコメントの通り、8月以降に広島の平和記念公園からポケストップやジムが削除されてポケモンも出現しなくなり、ドイツ・ベルリンのホロコースト記念博物館、ポーランドのアウシュヴィッツ強制収容所でも同様の対応がとられています。

また、イランでは世界で初めてポケモンGOのプレイが法的に禁止されました。

世界で初めてポケモンGOが禁止される国が登場 – GIGAZINE


日本国内でもポケモンGOプレイヤーのマナーが度々問題視されており、全国の複数箇所で「ポケモンGOのプレイ禁止」という看板が出されたり、東京・お台場では警察が出動する騒ぎが起きたりと、世間を騒がせています。

NianticはポケモンGOの公式サイト上で不適切なポケストップやジムの削除リクエストを受け付けているので、楽しくポケモンGOをプレイできる場所が今後もたくさん増えていくのか、それとも限られた場所でしか楽しめなくなってしまうのかはプレイヤーひとりひとりの行動が影響を与えます。ポケモンGOを積極的に受け入れている地域もあるので、うまく共存していきたいものです。

引用元:http://gigazine.net/news/20161003-pokemon-go-niantic-court/
☆ポケゴー管理人☆
興味ない人からしたら迷惑でしょうがないだろうねww
コメント