任天堂君島社長は「Super Mario Run」で大成功を狙っているらしい。

先月のアップルイベントで発表されたiOS向けスマホアプリ(Android版も遅れて配信予定)Super Mario Runはオート―ランナーの横スクロールアクションゲームで、片手で簡単にアップルでも齧りながら操作できるらしい。本アプリは今年12月、150カ国に向けて配信される予定とのこと。

君島社長はBloombergとのインタビューで「Pokémon GOの人気を鑑みると、今回も大いに期待できるというのが我々の見解だ。正直に言うと、私自身もPokémon GOの人気には驚いてしまった。スマートフォン端末でゲームを遊ぶ人が劇的に増えたことは間違いない。今回は任天堂の重要な知的財産であるマリオのゲームを出すわけだが、人気IPであるだけに期待が高まっている。宮本がリーダーとなっている開発チームは、Pokémon GOと同等の急速な伸びを狙えるゲームを開発している」と語った。

君島社長は「すでに2000万人が配信日に通知を受ける登録をしている」とも話した。あるアナリストは本作が簡単に10億回のダウンロードを突破すると分析している。

「ダウンロードするだけでも少しはプレイできるが、購入すると、その後は課金なしでずっと好きなだけ遊べる」と君島社長は説明する。「このスタイルでは子供も気軽に遊べるし、さらなる人気を見せるのではと期待している」

スマートフォン端末向けにゲームを開発するきっかけについて、君島社長は「我々のビジネスの中心となるのはハードとソフトの商品だ。スマートフォン端末のゲームは我々の既存商品の売上に貢献することができる。スマートフォンにゲームを出せば、任天堂の既存のハード・ソフトがもっと売れるようになるのは我々が最初に考えていたことがだが、その通りの結果となった。これにより、以前よりももっと自信が持てるようになった」と意気込みを見せた。